雪の下から



畑を借りて 家庭菜園をしている友人のご主人ですが

「今 掘り起こして来たから」と 大根・キャベツを持って来て下さいました。


秋に収穫した野菜を土に埋めて 越冬させているそうで

その上に 雪が積もるので 掘るのは、大変と思います。 




b0303688_11343207.jpg


「大根は、皮が汚くなっているので 皮を厚めに剥いて下さいね。
   今年は、埋めたものが余り良くなくて・・・」   とおっしゃっていました。

雪は、自然の冷蔵庫。 

12月に積雪が少なかったせいかも知れません。



これで ポトフを作ろうかしら〜

本当に 有り難いことです。

お気持ち うれしいですよね!! 感謝です。





# by marinariko64 | 2018-02-11 11:45 | 料理・食材・食品 | Trackback | Comments(0)

佃茂の佃煮


昨夜 娘がわざわざ 届けてくれた箱包み

見覚えがある包装 と思った瞬間

「佃茂の佃煮」と言われて、「そうそう!懐かしい〜」



b0303688_21405036.jpg



築地の近くに住んでいた姉が お土産によく持って来てくれていたものでした。

美味しい佃煮です。

娘も覚えていて お取り寄せしたとの事。



b0303688_21420219.jpg



b0303688_09395987.jpg



今日、お昼に早速いただきました。

わかさぎ・あみ・こぶ・えび・しらす・あさり 入り



b0303688_21433818.jpg



ご飯 もう1膳おかわりしたいところですが、半膳に〜(苦笑)




若くして亡くなった姉です・・・

もう随分年月が経ちましたが 今月5日は、祥月命日

姉を偲びつつ お花の手配をお願いしました。







# by marinariko64 | 2018-02-02 22:02 | 料理・食材・食品 | Trackback | Comments(0)

大相撲


大相撲初場所  

杤ノ心の優勝で終わりましたね。




b0303688_14492943.jpg



いつもは、5時近くにテレビを付けて 夕飯の支度をしながら

ちょこちょこ観ているのですが、

昨日の千秋楽は、とてもヒマでしたので、3時から見ました。

十両後半からで 初めてですよ〜 こんなに早くから観たのは。



栃ノ心が 日々勝ち進んで行くうちに ジョージア出身とわかり

アメリカのジョージア州かと思っていましたが・・・ 

お恥ずかしい事に その後 グルジアが ジョージアになっていたと知りました↘。




強くなって来ている若手の力士達を応援したいし 頑張っているベテランの力士も応援したい

両方とも勝たせたい気持ち でも、勝負はどちらかにつく。  

ハラハラしながら 取り組みを観る日もありましたね。



今日から テレビを付けても 相撲放送がないので なんだか寂しいわ〜





次回の注目力士   新入幕で敢闘賞の 『阿炎』


b0303688_14512539.jpg



今日のNHK『シブ5時』で 能町みね子さんの力士解説が楽しみです。



      


お ま け


b0303688_14551631.jpg

優勝の表彰式で この画像

どうみても マカロンに見えますが・・・(^-^)

スポンサーは、どこなのかしら??? 


* * * * * * * * * * * *

その後、、、、

ピエール エルメのマカロンがモデルらしい(NHKにて知る)
もちろん、これは食べれませんが

部屋には、本物が届いたのかしら?

フランス大使館の表彰だったようです。






# by marinariko64 | 2018-01-29 15:04 | 歌・ミュージック・演劇・美術・スポーツ | Trackback | Comments(0)

フィットネス帰りに


 以前にも フィットネス帰りのランチを投稿しましたが・・・

今日は、近くのイタリアンのお店へ



サラダを前に「最近お野菜高いわね〜」と話題に


b0303688_19030153.jpg


結局 ピザ にしました。


b0303688_19033713.jpg



b0303688_19041266.jpg





 この前は、ご自宅をカフェにしているお店 へ  



b0303688_19064852.jpg


ワンプレートで 10〜12品のお惣菜が少しづつ盛りつけられ

コーヒー付きで 1000円未満の為 結構な人気です。 


たま〜に行くこのお店 以前にもUPしたような気もしますが・・・


フィットネス帰りのランチとおしゃべり

今は、寒くて家に引きこもりがちなので、ストレス解消になります。



# by marinariko64 | 2018-01-24 19:34 | お食事・スイーツ・フルーツ | Trackback | Comments(0)

家具修理



 数年前から ダイニングテーブルの脚を少し短くして

居間に置いている我家ですが 表面の傷がだんだん酷くなり

家具屋さんに相談してみると 修理出来るとの事。


ついでに、子供達が使用したベビーチェアも

アームのあたりにヒビが入っていたのですが

踏み台に使ったりで 結構重宝していました。

そして今は孫がたまに来た時に座っていますので

直す価値ありと判断し 一緒に修理に出しました。


2週間経ち 今日戻ってきましたが、まあビックリ!

新品のように奇麗になりました。




b0303688_23232339.jpg

(実際の色は、もっと濃い落ち着いた色です)
    



b0303688_23245734.jpg


 愛着のあるもの 傷んでも捨ててしまわないで 修理をお薦めします。





# by marinariko64 | 2018-01-23 23:54 | インテリア・雑貨 | Trackback | Comments(0)

雷おこしと十勝日誌



 子供の頃 東京のお土産と云えば雷おこしでしたねー。

その後 いただく機会も無いままでしたが・・・


娘から 「とても美味しいの!」と 御年始にいただきました。



なんか、良い感じの包装


b0303688_21133098.jpg



 
缶にも 包装紙と同じ文字が


b0303688_21135945.jpg


おこしは、1枚づつ お上品に包装され

昔のイメージと違います。


b0303688_21142879.jpg



b0303688_15081401.jpg


ピーナッツ入りで 少し甘く

4等分できます。(写真は、2つ割)

毎日1枚 美味しくいただいています。♡






こちらは、 六花亭のお菓子


b0303688_15574298.jpg




『十勝日誌』でした。


松浦武四郎が、まだ蝦夷地と呼ばれていた頃の

北海道を探検した紀行文の一巻で

安政5年(1858年)頃の十勝の様子が記されているそうですが


b0303688_15583255.jpg


その 原本から表紙を複製して

ブック型のお菓子箱に。


b0303688_15591194.jpg



びっしり 2段になって 沢山の種類入っていました。


b0303688_16033711.jpg

六花亭のお菓子 いろいろいただいていますが

食べた事のないものもありましたね。


どちらも 御馳走様でした。



# by marinariko64 | 2018-01-14 15:15 | お食事・スイーツ・フルーツ | Trackback | Comments(0)

友達と新年会


大晦日に来て 元旦夕方に帰った娘夫婦

おせちを新たに詰めて行ってくれましたが・・・

食べきれませんので 新年早々どうかしら?と思いつつ

3日 友人に声をかけると、快く来て下さるとの事。



b0303688_09501672.jpg



新年早々 お昼から 酎ハイやビールで乾杯 ♪(*^ ^)o∀ * ∀o(^ ^*)♪

おせちもきれいに完食!  良かった〜。


とても楽しい新年会となりました。 ♪♪♪

又 来年も出来るといいですね〜 \(^ ー ^)/




# by marinariko64 | 2018-01-04 09:46 | お食事・スイーツ・フルーツ | Trackback | Comments(0)



b0303688_22301972.jpg
                   下手な字ですが 恥を忍んで ありのままに(苦笑)


本年もよろしくお願い致します。




今年も 娘手作りのおせち

有り難いわ〜




b0303688_10063103.jpg




b0303688_15341311.jpg



b0303688_15351619.jpg



b0303688_15360627.jpg




煮物は、私が


b0303688_15124674.jpg




八頭 初めて煮てみました


b0303688_15143170.jpg




甘いお菓子も食べたくなりますね

フランスでは、新年のお祝いに欠かせない


『ガレット デ ロワ』

(円山のセ ボー エ ボン製)


( ↓ 王冠付き )        
b0303688_15155187.jpg
(アーモンドの形です)



『フェーヴ』という 幸せを運んでくれる陶器の人形が隠されていて

誰に当たるか ワクワク なのですが

今年のは、外付けで この亀さん

本当は、隠されているのが当たった方は、

王様or女王様になれ

王冠をかぶって祝福される云われがあり・・・

なので 王冠がセットされているのです。



おせちもガレットもとても美味しくいただき

今年も良い年になりそうです。



# by marinariko64 | 2018-01-03 16:36 | 季節 | Trackback | Comments(0)

今年も残すところ後1日となりました。

雪は、一度積もったものの 雨で溶けて少なくなり

ありがたい事です。

(去年は、年末にすごい積雪で悲惨だったので・・・)




b0303688_19295241.jpg



毎年UPしている レリアンのカレンダー

来年の表紙は、こちら  良い色ですね。



b0303688_19350523.jpg


『セイ・ハシモト』のパリの風景



b0303688_19380734.jpg



2月は、サクレクール寺院


b0303688_20022824.jpg





モジリアーニも住んでいたというこの家 は、3月


b0303688_20033029.jpg




セーヌ河近くの街角


b0303688_19434877.jpg



華やかなサンジェルマン・デ・プレ教会のそばの

誰も通らない静かな小径


b0303688_19464498.jpg



12月  月とサクレクール寺院


b0303688_20041594.jpg



来年は、パリに行けるかしら・・・?

想いを馳せながら カレンダーをめくっています。




今年一年 ご覧いただいてありがとうございました。

どうぞ、良いお年をお迎え下さいませ。



# by marinariko64 | 2017-12-30 19:57 | 季節 | Trackback | Comments(2)

メリークリスマス!


あと2時間で、クリスマスは終わりー。

全く時間が経つのは、速いです。



今年の我家のクリスマスは、イヴのイヴ

23日に息子一家が来て パーティを・・・

賑やかに過ごしました。




b0303688_21283761.jpg



娘からいただいていた ボジョレーを 今頃飲みましたが

このボジョレー 美味しかったわ〜。



b0303688_21335091.jpg




シュトーレンも 娘から。

食べ易く 一切れづつパックになっています。

これ いいですね。


ガトーフェスタ ハラダ 製

b0303688_21370211.jpg





もう一つ 娘の手作りのシュトーレン(リボンの包装)↓ 



お皿のは、ガトーフェスタハラダ

スライスでは、なくて 1個づつ作ってありました。

b0303688_21390710.jpg



こちら ↓ 手作りの方


b0303688_21401649.jpg


毎日少しづついただいていました。


ごちそう様でした〜

どちらも美味しかったよ。(^o^☆♪


# by marinariko64 | 2017-12-25 22:00 | 季節 | Trackback | Comments(0)

札駅方面ぶらり



ランチの後に 札幌駅へ〜  目的は、大丸百貨店

プレクリアランスセールの案内を下さった いつものお店へ。

ちょっと良いコートがありましたが 即決せずに 

他をブラブラしながら 考えることに。




連絡通路からステラプレイス へ行き 3Fの カフェで一休み。
(1LDKテラス)


のんびり 紅茶を飲みながら 正面に見える

大丸のエレベーターの昇降を眺め・・・



b0303688_15194424.jpg



ほとんどここ(↓)が、いつもの 待ち合わせ場所です。

(大丸1F入り口 札駅西口コンコース側)



b0303688_15215545.jpg




帰り際に外を見ると もう真っ暗

ちょっとしたイルミネーションがありました・・・



b0303688_15282467.jpg




そうそう コートは、結局 お断りして・・・
(迷ったときは、少々時間を置くのが良いかも?)


楽しい一日を過ごすことができました。





# by marinariko64 | 2017-12-25 16:16 | お出かけ・旅行 | Trackback | Comments(0)

娘の誕生日祝いに 二人で食事を。

行ってみたいと思っていたレストラン

なんと、娘も友人からお薦めされていたお店でした。




『オプトニール K』


素敵なプレートにメニューが



b0303688_14042579.jpg



シャンパーニュで乾杯〜


b0303688_14050165.jpg


b0303688_14052519.jpg



チーズ入りのシュー


b0303688_14055737.jpg





パンプキンスープ

(厚沢部 さがらマロン)


b0303688_14064267.jpg



バターとオリーブオイルで パンを


b0303688_14071736.jpg


b0303688_14075896.jpg




羅臼 キングサーモン


b0303688_14083281.jpg



寿都 ホッケ


b0303688_14090904.jpg




ロゼワインを 


b0303688_14100190.jpg



お口直し

しょうがのシャーベット + ライムのジュレ


b0303688_14105942.jpg



当別 黒豚


b0303688_14122903.jpg



プレデセール

ヨーグルトのシャーベット


b0303688_14132128.jpg




デセール (好きな方を選びました)


私: ラ・フランス + アイスクリーム


b0303688_14135018.jpg




娘: ナイアガラのムース


b0303688_14142721.jpg




エスプレッソをいただきました。


イタリア旅行で エスプレッソにアイスクリームを入れて

美味しかったので 再び〜


b0303688_14150076.jpg


とても美味しく 素敵なお食事でした。

こちらのお店は、北海道産の食材を使い

食器は、すべて有田焼の素晴らしいものでした。

又 是非行きたいレストランです。

ごちそう様でした。



# by marinariko64 | 2017-12-21 14:45 | お食事・スイーツ・フルーツ | Trackback | Comments(2)

秋味



 毎年送られて来る 鮭

知床への玄関口に近い 斜里に住んでいる友人からです。




b0303688_22422551.jpg



送り状の品名を見ると 『秋味』と記入されていました。

子供の頃は、鮭の事を 「秋味」と言っていた事を思い出し

懐かしい気持ちになりました。


友人は、斜里で 今でも『秋味』と呼んでいるのでしょうね〜。

ありがとう・ごちそうさまでした。



# by marinariko64 | 2017-12-14 22:45 | 料理・食材・食品 | Trackback | Comments(4)

友人とランチ


 久しぶりに学生時代の友人とランチ


今度会った時には、『函館 五島軒』(フコク生命ビル)で

カレーを食べましょうと誘われていましたので、そちらへ。

洋食屋さんなので、メニューを見ると 美味しそうなものいろいろ。

迷いましたが・・・

やはりカレーに。



b0303688_18335465.jpg



イギリス風カレー


b0303688_18352586.jpg

函館で明治時代に創業のお店なので

カレールーの容器・型抜きのライスが クラシカルですね。



その後 コーヒーショップへ移動


b0303688_18421427.jpg

メープルシロップ入りのラテ

ちょっと甘かったわ〜




別れ際にいただいた包み


b0303688_18451525.jpg


可愛いチョコレートでした


b0303688_18455460.jpg


b0303688_18462395.jpg


可愛過ぎて 食べれません。


b0303688_18470742.jpg


b0303688_18473897.jpg


b0303688_18482244.jpg


b0303688_18514789.jpg

有難う〜   又 今度ね〜



# by marinariko64 | 2017-12-09 18:55 | お食事・スイーツ・フルーツ | Trackback | Comments(0)

とうとう根雪


朝 カーテンを開けると 外は真っ白。

この間も雪がサラッと積もりましたが、一旦溶けましたので

「良かった、まだしばらく降らないでほしい」 と思っていましたのに・・・



いつもの事ながら、窓からカーポートの屋根を見て積雪のチェック

今日は、20〜25センチ位かな。



b0303688_22351334.jpg


急いで 除雪〜

とうとう 根雪になりそうです。



b0303688_22385674.jpg




# by marinariko64 | 2017-12-05 22:41 | 季節 | Trackback | Comments(4)

『チヴィタ・ディ・バーニョレッジョ』


いよいよ この旅最後の観光となりました。

このツアーを選んだ一番の理由は、この地に来たかったからなのです。

数年前にテレビでこの「死に行く町」を知り

行ってみたいけれど 無理だろうと思っていましたが、

実現して とてもうれしくワクワクでした。




b0303688_21295847.jpg


ジブリ作品『天空の城 ラピュタ』のモデルになったと言われていますね。


まさに 天空の城 です !!

もろい凝灰岩の土地は、風化や地震によって崩れ

古代ローマから続く村は、今も風化を続けているそうです。



b0303688_21401305.jpg

風化してしまった昔の道は今 300mの橋となっています。




遠くから眺めているだけで満足でしたが、

橋を渡って 村をおとずれます。


b0303688_21452731.jpg


写真で見るだけでも

急な坂道おわかりになるでしょう。

出発前から心配・・・





橋からの 回りの景色


b0303688_22290205.jpg


b0303688_22313175.jpg






最後の坂が きつかったですねー。

でも大丈夫でした。 ホッ!



坂を登り切って サンタマリア城門をくぐると チヴィタ村


b0303688_21525782.jpg




 広場は、どの町にも必ずあるみたいですね。


b0303688_21571389.jpg


日本人は、お見かけしませんでした。


b0303688_21574919.jpg



小さな村を一周するのは それほど時間がかかりません。

(村の中も坂あり)

散策していると

おしゃれなレストラン発見


b0303688_22013224.jpg


サン・ドナート教会


b0303688_22021576.jpg




b0303688_22054003.jpg



坂を降りて行くと 昔の人が住んでいた 洞窟の住居跡があり


b0303688_22070562.jpg



アパートっぽいですね。

村の住人は、20〜30人位とのこと


あの橋しかありませんので、交通はバイクのみ。


b0303688_22133491.jpg



横道からは、眺望が開けています。



b0303688_22025947.jpg




帰り道は、楽でした。




b0303688_22264802.jpg



チヴィタを後にして、この日宿泊の ローマへ

約2時間かかります。




ローマ〜 (車窓より)


b0303688_22372964.jpg



ローマのどの辺かわかりませんが・・・


b0303688_22392879.jpg



久しぶりの都会  なんか、うれしいなー

レストランへ向かいます。


b0303688_22405460.jpg



b0303688_22423464.jpg


旅行での 最後の晩餐ですね。


b0303688_22431415.jpg


カルボナーラ


b0303688_22434588.jpg


サルティンボッカ


b0303688_22442070.jpg


ミモザ風レアチーズケーキ


b0303688_22444801.jpg



いよいよ明日は、帰国

日本では、強い台風が上陸するという情報が入っていました。


朝早いのでローマの街は、スルーです。残念・・・

荷物をまとめて 就寝


b0303688_22452104.jpg


b0303688_22460289.jpg


一人旅でも 良き仲間が出来 とても楽しい旅行でした。

知らなかった素敵な村や町を訪れる事も出来

最高によかったです〜!!




イタリア旅行記 これでおしまいです。



気が付いたら 今日から12月  ヒェーッ!



# by marinariko64 | 2017-12-01 23:16 | お出かけ・旅行 | Trackback | Comments(0)

『アッシジ』(世界遺産)


モンテ スパジオの斜面に広がる 2000年の歴史がある町


13世紀に聖フランチェスコが、悟りを開き

カソリック フランチェス会の総本山  巡礼地です。






部屋の窓からの景色 (早朝でかすんでいますが)


谷側の部屋になりましたので麓の方を見渡せました。



b0303688_14444761.jpg



b0303688_14505487.jpg




メイン通りの サンフランチェスコ通りを歩いて・・・


町全体が、中世ヨーロッパの

石のレンガかその上に漆喰を塗っている町並み

趣 ありますねー。

b0303688_14572123.jpg



ショーウィンドウは、このように カソリックの町らしい飾り付けも


b0303688_14545389.jpg




 メインの通りなのに お昼迄朝市が。

何でもありのいろいろなお店

衣類、食品、履物、日用品 etc.




b0303688_14582251.jpg



b0303688_14592105.jpg


b0303688_14474424.jpg




ロッカ・マッジョーレ(大城塞)

ローマ時代に造られましたが

壊されて その後14世紀に建てられたそうです。


b0303688_15000122.jpg



サンタ・キアーラ聖堂

白とピンクの大理石です。


b0303688_15004106.jpg



石畳の道から山側に抜ける階段あり


b0303688_15144457.jpg



こちらは、谷側に降りる階段

ウンブリア平原が見渡せますね。

b0303688_14554980.jpg




フランチェスコの生家の上に建てられた教会


b0303688_15014535.jpg



横に 両親の銅像があります


b0303688_15122160.jpg




b0303688_15023912.jpg






ミネルバ神殿


b0303688_15032056.jpg



紀元前1世紀頃の 古い建物


b0303688_15040428.jpg



b0303688_15045097.jpg



b0303688_15063095.jpg


『サン・フランチェスコ聖堂』が正面に見えてきました。


b0303688_15071282.jpg


b0303688_15075903.jpg



騎士として出征したものの

戦わずに帰還したフランチェスコの像


b0303688_15174776.jpg



入場前に セキュリティチェックがありました。


上層階の聖堂から入り

内部は、フランチェスコの生涯を描いた ジョットの壁画

撮影禁止です


b0303688_15084153.jpg



中庭だけ 撮影OK


b0303688_15092011.jpg



下層階にも 素晴らしい中世絵画がありました。

そして、さらに階段を降りた地下室に

聖フランチェスコのお墓があり

お参りする方々がびっしりでした。




出口は、下層階から


b0303688_15100887.jpg



坂を下って 中世の町とお別れ

b0303688_15200601.jpg



昼食は、アッシジ駅の近くのレストラン

美味しいピッツアでしたが、

待たされて 写しわすれ〜 (x_x ;)


この後 『チヴィタ・バーニョレッジョ』へ






# by marinariko64 | 2017-12-01 18:29 | お出かけ・旅行 | Trackback | Comments(2)


『パニカーレ』

地名は、『神様のいるところ』という意味だそうです。

ヴォン・コンヴォント 同様イタリアで「最も美しい村クラブ」加盟コムーネの一つです。



ヴォン・コンヴォントより 約1時間15分


移動途中の景色  車窓より  

糸杉が絵になりますね。




b0303688_13494054.jpg



b0303688_13510451.jpg






こちらも 小高い丘の要塞に囲まれた中世の佇まいの村


見えてきました!


    
        車窓より

b0303688_15223555.jpg



BS日テレの『小さな村の物語』でも紹介されたそうですが

日本人観光客は、先ずいないのでは?との事



この門(ペルージャ門?)をくぐって。



b0303688_22340574.jpg



↑ の門の右側壁に貼られている 村の見取り図


b0303688_22352147.jpg



すぐに広場があります。




b0303688_13543429.jpg





b0303688_13525784.jpg



b0303688_14081420.jpg



サン・ミケーレ・アルカンジェロ教会


b0303688_22371291.jpg



もう夕方  日が傾いて日影が多くなりました。


b0303688_22380089.jpg




b0303688_22383256.jpg



赤いレンガの美しい街並み


b0303688_22400923.jpg


タイムスリップしたみたい



b0303688_22404995.jpg


b0303688_22391445.jpg



数百年前の石造りの家に木製の扉が素敵です



b0303688_22415563.jpg


b0303688_22423811.jpg


b0303688_22433791.jpg


b0303688_22444772.jpg


b0303688_22461355.jpg


歩き廻っているうちに 見晴らしの良い所に出ました。


b0303688_22470288.jpg



ウンブリアの美しい田園風景と言いたいところですが

ちょっと霞んでいますね。

かすかに『トラメジーノ湖』が見えます。


b0303688_22475363.jpg




要塞の外側から


b0303688_22483280.jpg


b0303688_22492115.jpg


この素晴らしい村を後にして・・・




宿泊先の 『アッシジ』へ向かいます。




旧市街にあるホテルの為  バス進入禁止

スーツケースは、ポーターが運んでくれましたが

手荷物を持ってホテルまで徒歩



ずっと登りの坂道・・・



b0303688_21452443.jpg



ワインを3本とパスタを買っていたので

重くて大変でしたー。

旅友になった方が、手伝って下さって・・・

感謝!!




ホテル フォンテ・ベラ


b0303688_21471425.jpg





部屋は、くじ引きで ワンランクアップになりました。

(どこが?って・・・窓からの眺めです)


b0303688_22502192.jpg

歴史を感じるホテル

でも今風に改装していますので

不便は、ありません。



b0303688_22505615.jpg

一人部屋って 荷物はど〜んと広げれるし

好きにお風呂に入れたり

本当にいいなーと思いました。


明日は、いよいよ最後の観光です。



# by marinariko64 | 2017-11-28 11:46 | お出かけ・旅行 | Trackback | Comments(0)

『ヴォン・コンヴォント』

地名は、『幸せな場所』という意味だそうです。

 
 シェナ郊外のコムーネ(中世イタリアの自治都市)の一つで

要塞に囲まれた1200年代の中世の町 人口は、約3000人 


サンジミニャーノから約1時間

イタリアで最も美しい村の1つに おじゃまします。




市庁舎・時計塔の通り


b0303688_13224180.jpg



中世の雰囲気を感じながら散策



b0303688_13273317.jpg



サンティ・ピエトロ・エ・パオロ教区教会


b0303688_13284754.jpg



b0303688_13314956.jpg





玉座の聖母子と2天使

(ピエトロ・ディ・フランチェスコ・オーリオ 作)


b0303688_14095256.jpg




玉座の聖母子と洗礼者聖ジョバンニと聖ピエトロと
聖パオロと聖セバスティアー


(マッテオ・ディ・ジョバンニ 作)


b0303688_14091898.jpg


美術館もありました。(この日は、お休み)
 



シエナ門

シエナの方向にある門です

要塞に囲まれている為に 門がいくつかあります。


b0303688_13373109.jpg



b0303688_14064691.jpg





変わった木の葉を見つけました。

何の木でしょう


b0303688_13400198.jpg


迷路のような 不思議な通りです


b0303688_13415109.jpg


b0303688_13422481.jpg



おしゃれで可愛いお店も結構ありましたよ


b0303688_13441635.jpg



立ち寄ったカフェの店内から外を(暗過ぎましたが)

雰囲気ありましたので・・・



b0303688_14044925.jpg


観光客は、少なく 静かな素敵な村でした。




# by marinariko64 | 2017-11-27 14:11 | お出かけ・旅行 | Trackback | Comments(0)

 『サンジミニャーノ』 (世界遺産)

中世の町並みが残る 塔の町

13〜14世紀 富と権力のシンボルとして建てられ

最盛期には、70を越えましたが 今は14との事。(地球の歩き方によると)

数えませんでしたが、14もあったかしら・・・?




8年前に来た時に この中世の雰囲気漂う素敵な町が

とても気に入りましたので

再び訪れれることが出来て とてもうれしく思いました。



宿泊地のプラートを出発し 車窓からは、懐かしく思われる風景が〜
(8年前を思い出し)




b0303688_15343476.jpg




サン・ジョバンニ門

ここをくぐると

ぐるり城壁に囲まれた 塔の町



b0303688_18062867.jpg



なだらかな 石畳の坂道です

両側には、お土産屋さん



b0303688_22451923.jpg



b0303688_22412191.jpg



b0303688_22392950.jpg



b0303688_22464048.jpg



町の中心 チステルナ広場

かつてこの町の重要な水源だった井戸(チステルナ)があります



b0303688_22440238.jpg





見晴らし台になっている 城壁に登ります。



b0303688_16094057.jpg



城壁から見る トスカーナの風景


b0303688_16111262.jpg




b0303688_16153665.jpg


b0303688_17101770.jpg




b0303688_22232561.jpg





ドゥオーモ広場からの塔


b0303688_16032562.jpg



ドゥオーモ


b0303688_17070793.jpg



さて 通りにもどって 世界一になったという 

ジェラードのお店へ


かなりの人でしたが、流れが早く

それほど待ちませんでした。


b0303688_16325920.jpg


b0303688_22561400.jpg

↑ 日本語でも書いてありますね。



旅友になった方に持って頂いて 『カシャッ!』
 

(ピスタチオとクランベリー)


b0303688_22583264.jpg





サンジミニャーノでランチ出来て嬉しい♪

路地を入って・・・


b0303688_16393540.jpg




ジェノベーゼ でした。 

この後にいただいた エスプレッソとアイスクリームも

美味しかったです!


b0303688_17163601.jpg

お腹いっぱいになって 次の目的地へ向かいます。

イタリアで最も美しい村の1つとの事ですが

初めて聞く地名・・・




# by marinariko64 | 2017-11-25 17:43 | お出かけ・旅行 | Trackback | Comments(0)

『サン・レオ』


ガイドブックには、載っていないような町

フェルトロ山の断崖絶壁の上にお城が築かれています。




サン・マリノから バスで 約30分位

ある程度の坂道を登って行ったところで

それ以上は、マイクロバス 又は 徒歩で登って行くしかないところでした。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * *



一枚岩の岸壁にそびえる街「サン・レオ」


↑ 写真は、お借りしました  



* * * * * * * * * * * * * * * * * * *




ここから大型バスは、禁止です



b0303688_14430154.jpg



もやで霞んでいますが ・・・

あの影がお城ね・・・



b0303688_14460979.jpg



マイクロバスで 狭い崖道を曲りくねって

恐かったです!



b0303688_15473404.jpg



後ろ側が一枚岩の岸壁だと思います。



b0303688_15041796.jpg




サン・レオは、宮崎駿 監督のアニメ映画 『ルパン三世 カリオストロの城』の

モデルになったといわれています。



実際に、1630年代から牢獄として使用され

18世紀中頃 ヨーロッパ中を震撼させた詐欺師

『カリオストロ』がここに幽閉されその後 獄死したそうです。



b0303688_15064386.jpg




お城より 少し下がった所が旧市街になっていました。



b0303688_15052253.jpg


b0303688_15123033.jpg




向こうの山頂に先程行ったサン・マリノが見えます

どうにか写っていますね〜



b0303688_15141684.jpg



まだ 観光地化していません。

こちらは、カフェみたいですが。


b0303688_15081330.jpg



猫ちゃん 発見 


b0303688_15103661.jpg



石造の建物が並んでいます



b0303688_15091630.jpg


この日のホテルは、プラート

移動にかなり時間がかかりました。



スタイリッシュな部屋です。

ちょっと薄暗いかな?


b0303688_15162024.jpg


明日は、5日目になります。





# by marinariko64 | 2017-11-22 15:57 | お出かけ・旅行 | Trackback | Comments(0)

山頂の独立国 『サン・マリノ共和国』

世界で5番目に小さい国家で 最も古い共和国。

700mの山頂に城砦を築いたため

自然の要塞となって 独立を守りぬいてきたそうです。





↑ 写真はお借りしました      





この日は、アドリア海からの気温と陸との気温差から

もやがかかっていました。 残念・・・



世界遺産となっている 旧市街へ 

ロープウェイに乗り換えて〜




b0303688_14594716.jpg



降りて先ず目に入った

バルトロメオ・ボルゲーシ像


b0303688_15223707.jpg



b0303688_14191166.jpg


お天気が良ければ 遠くにアドリア海が見えるとの事。



b0303688_14210385.jpg



当時のままの城壁


b0303688_14221098.jpg




リベルタ広場にある サンマリノ政庁


b0303688_14232962.jpg



この国を作った石工師の マリーノ像


b0303688_15204872.jpg




自由の女神像


b0303688_15251540.jpg



聖マリノ聖堂


b0303688_14245971.jpg


b0303688_14254505.jpg




b0303688_15290766.jpg




お土産屋さんが ずらり

きれいに飾られた ショーウィンドウが建ち並ぶ


b0303688_14264577.jpg




b0303688_14285243.jpg


b0303688_14295796.jpg


b0303688_15305190.jpg



旧市街を抜けて塔を目指します。

3つの塔のうち 時間の都合で1つだけ。

坂道を登って見晴し台まで



b0303688_14275491.jpg



もやが 少しづつ 晴れて来ましたが・・・

回りは、見えませんでした。


b0303688_14311011.jpg





5ユーロで パスポートに 入国記念ビザのスタンプを

押してもらえます。

(スタンプをいただいた旅友よ、ありがとう)



b0303688_14332991.jpg



この後は、サン・レオへ〜

有名なアニメのモデルとなった城砦がシンボルの町です。

そのアニメとは?



# by marinariko64 | 2017-11-19 16:01 | お出かけ・旅行 | Trackback | Comments(0)

『ラヴェンナ』は、ヴェネツィアの南 アドリア海に面した古都

モザイク美術 の宝庫です。


フィレンツェを追われた ダンテ の終焉の地であり

ここで『神曲』を書き上げたそうです。





ショッピング街や住宅街を通って

モザイクの素晴らしい教会へ向かいます。




b0303688_15204119.jpg



b0303688_15213482.jpg



b0303688_15232694.jpg



イタリアでも ハロウィン(10月でしたので)

こちらへ来てから初めて見ました。


b0303688_11082178.jpg



b0303688_11120708.jpg



古い石畳を残して 補修された道路


b0303688_11135166.jpg



この門の向こうに〜


b0303688_11172599.jpg



世界遺産 『サン・ヴィターレ教会』

548年建立の 八角形の建物


b0303688_11201732.jpg



一見地味ですが 中に入って驚きました!!


b0303688_11210347.jpg



かなり暗いのですが、金色+鮮やかな色彩のモザイクで

埋め尽くされている。


本当に素晴らしい!!


b0303688_11282898.jpg



b0303688_11315604.jpg



b0303688_11292895.jpg


b0303688_11341110.jpg



b0303688_11301557.jpg



床も モザイク


b0303688_11493308.jpg




同じ敷地にある

『ガッラ・プラチーディアの廟』

547年建造  こちらは、十字架型



b0303688_11534972.jpg

小さく目立たない建物


石棺もありました。


b0303688_11551233.jpg


小さな入り口


b0303688_11560164.jpg



内部は 暗く狭いのですが、こちらも驚きです。

ブルーに金が散りばめられた モザイクの世界

天井一面 満点の星を思わせます。



良き羊飼いの図

羊飼いは、キリスト
羊は、皆 キリストを見ている


b0303688_17274339.jpg




水を飲む鳩


b0303688_11565508.jpg


b0303688_11574229.jpg




明かり取りは、まだガラスの無い時代でしたので

『アラバスターの窓』

(雪花石膏を薄く剥がしたもの)


b0303688_11583780.jpg



素晴らしいこのモザイク画を

私の知っている皆に 見せてあげたいと思いましたね。




見学後は、現実の世界へ戻り レストランへ


b0303688_12021841.jpg


食事時(昼・夜)には、必ず飲み物のオーダーをとられます。

お水がサービスのお店もありましたので
その時は 頼まない方も


私は、いつもワイン

ほとんど5ユーロ 
(3ユーロのところもありましたね)



b0303688_12071240.jpg


舌平目


b0303688_12060536.jpg

デザート

これ何だったかしら〜
甘かった事だけ覚えていますねー。

パンナコッタだったかな?


b0303688_12051626.jpg


この後 サンマリノへ。

長くなりましたので この次に (^o^)/*




# by marinariko64 | 2017-11-17 18:31 | お出かけ・旅行 | Trackback | Comments(0)

『パルマ』から 約1時間15分

世界遺産 『モデナ』へ

モデナは、フェラーリの生家があり

スポーツカーの展示場もあるとの事でしたが

残念ながら そちらへは行けませんでした。



三大テノール歌手のパヴァロッテイの故郷でもあるとの事。


b0303688_13354943.jpg



第一印象で 「私 この街好き〜」と感じました。

木々が多く 古都を感じる素敵な町並み、オシャレなお店、・・・




b0303688_13383633.jpg


b0303688_13395144.jpg



 ドゥカーレ宮 



b0303688_13404695.jpg



こちらが、世界文化遺産のドゥオーモとギルランディーナの塔(鐘楼)



b0303688_13420578.jpg




グランデ広場の一角にあります



b0303688_13425398.jpg





Chiesa della Madnna del Voto



b0303688_13435929.jpg


モデナは、バルサミコ酢でも有名で 高級バルサミコ酢店がありました。

私は、安物ですが、家に残ってているのがあるのでパスしましたが、

試飲、購入した方は、 「凄ーく美味しくて 普通のとは、全然違う」と

おっしゃっていました。

もっと 散策したかったのですが、


夕方になり 宿泊予定の『ボローニャ』へ 再びバスで 約40分



夕食は、レストランで 名物 ボロゼーネのパスタを



b0303688_14142687.jpg


b0303688_14153310.jpg



b0303688_14161611.jpg



明日は、『ラヴェンナ』『サンマリノ』『サンレオ』 です。



# by marinariko64 | 2017-11-14 15:15 | お出かけ・旅行 | Trackback | Comments(2)

『 パ ル マ 』


パルミジャーノ(パルメザンチーズ)と生ハムで有名な町

トスカニーニの生家があったり パガニーニが眠っているなど

食と芸術の町でもあるようです。


そうそう 中田英寿選手がプレイしていたチームもありましたね。




b0303688_13471273.jpg



歴史を感じる建物ですが

ブティックやカフェなどおしゃれなお店が並んでいます。

そこにいらっしゃる女性も皆さん素敵!!


b0303688_13481461.jpg




鐘楼の右側 半分見えるのが、洗礼堂です


b0303688_13491964.jpg



ドゥオーモと鐘楼


b0303688_13514663.jpg



ドゥオーモ広場 手前を曲がって レストラン風の建物に〜

パルマハムの試食ということでしたが

なんと! ワインが出るそうです!

私は、赤を


b0303688_13535930.jpg




試食にしては、次から次ぎと運ばれて来て(一皿7〜8人分)



b0303688_13545121.jpg




b0303688_13553494.jpg




b0303688_13562254.jpg




b0303688_14044169.jpg


パルミジャーノまで・・・

b0303688_14052719.jpg



美味しかったのですが 塩分が強め。

パンと一緒だと合いました。


試食と云う事でしたから 売店でもあるのかしら?なんて

真空のパルミジャーノなら持ち帰れると

購入意欲満々でしたが

そう云う訳でもなく

気に入ったらスーパーなどお店で買って下さいとの事。


ごちそうになっただけで いいの?って感じ。



駆け足のパルマでした。

もう少しぶらぶらしたかったですね。




# by marinariko64 | 2017-11-07 15:02 | お出かけ・旅行 | Trackback | Comments(0)


『ヴェルナッツァ』から 再び列車に乗りさらに2つ目の駅『マナローラ』で下車

すぐ近くに点在している 5つの村なのに断崖にある為 ほとんどトンネルです。

でも、そう時間はかかりません。




駅 ホーム  崖が迫っています


b0303688_16372247.jpg


この村も 駅から海に向かっての メインストリート

飲食店が多かったですね。


b0303688_16385692.jpg


b0303688_16395383.jpg


b0303688_16402998.jpg





こちらのレストランで昼食予定

その前に 各自散策 レストラン前集合との事で

念のため お店を間違わない様に 写しておきます。


b0303688_16431950.jpg



海に出て このトレッキングロードから遠望すると 

湾越しの良い眺めなので 頑張って登ります。


b0303688_16510060.jpg



崖の上の山肌にへばりつく様に建っている家々


日陰になって 残念〜


b0303688_16533947.jpg



b0303688_16552980.jpg




b0303688_16582800.jpg

b0303688_23423686.jpg




レストランへ向かいまーす。

迷わず 着きました!


b0303688_23452121.jpg




久しぶりのたっぷりお野菜に皆さん喜びましたね。

人参 太っ!


b0303688_17015726.jpg


かじきまぐろ

b0303688_17022856.jpg


ティラミス

イタリアのデザートは、甘いです!

b0303688_17032019.jpg


ここでも 猫ちゃん

日本と同じ猫ですね。

こちらを向いてはくれません。

b0303688_17042466.jpg


『マナローラ』から 隣りの『リオマッジョーレ』までの海岸沿いに

『愛の小道』と名付けられた遊歩道がありますが

2016年の土砂崩れで崩壊していました。


駅ホームから続く少し高台に 『愛の小道』の

出入り口に立ち入ることが出来ました。


b0303688_17052413.jpg


行ってみたかった『チンクエテッレ』とお別れ


再び 列車で『ラ・スペツィア』まで行き

そこから又 バスの旅です。


次は、『パルマ』へ〜




# by marinariko64 | 2017-11-04 23:49 | お出かけ・旅行 | Trackback | Comments(0)

『チンクエテッレ』 


5つの漁村の総称で ジェノバ 側から

1 モンテロッソ・アルマーレ
2 ヴェルナッツァ
3 コルニーリア
4 マナローナ
5 リオマッジョーレ  と続き


前回UPした『ポルトヴェネーレ』と共に世界遺産になっています。




険しい海岸に並ぶ色とりどりの家々 

かつては、陸の孤島で 主に船でしか往来できず
(ほとんど通らない山道は、あったらしいのですが)

(3番目のコルニーリア村は、船が寄港出来ない断崖) 

1000年にわたり独自の文化を育んできたそうです。

地元のガイドさんによると、海賊から襲われる恐れがあり

断崖に住んでいたとの事でした。





『レヴァント』から 列車に乗りました。

外国で列車に乗れるなんて うれしいです!


b0303688_18013292.jpg

待ち時間があり 駅前から見える レヴァントの町を撮影

b0303688_17312368.jpg

駅 改札は、なし

乗車してから たまに切符をチェックに来ることがあるらしい。



2階建て電車!


b0303688_18245975.jpg




2つ目の駅  『ヴェルナッツァ』で 下車 

(人口約900人)



駅から海までのメインストリート(ローマ通り)

飲食店やお土産屋さんがほとんど




b0303688_17373897.jpg



b0303688_17411386.jpg


b0303688_17384097.jpg


 

ここは、小さなコープ

フルーツがお安かったですよ。


b0303688_17393188.jpg



猫を見かけ 岩合さんの真似をして・・・


b0303688_17401956.jpg



日本ではあり得ない光景 (失礼しました!)



b0303688_17422967.jpg



駅から海までは、すぐです。


港の前にあるマルコーニ広場から町の方を見ると




b0303688_17432376.jpg



b0303688_13523495.jpg




地中海と思いましたが リグーリア海なんです。

で、ジェノヴァ湾

イタリアン・リヴィエラとよばれています。



b0303688_17452817.jpg




港の左側

石を積み上げた 砦のように見えます



b0303688_17495606.jpg


今は、飲食店?  見晴し台が テラス席みたい


b0303688_17465249.jpg




13世紀のジェノヴァロマネスクの教会に入ってみました
(サンタ.マルゲリータ.ディ.アンティオティア教会)



b0303688_18045603.jpg




入り口    狭いです!


b0303688_17525142.jpg



b0303688_14132424.jpg



b0303688_14141576.jpg


海賊が襲って来ても 逃げる事が出来る様な造りになっているらしい。



こんな 細い 山側に向かう路地も



b0303688_17540908.jpg


b0303688_14192141.jpg

中世の面影を残した不思議な可愛い村でした。



ヴェルナッツァの駅ホームから海岸がすぐです。

次は、4つ目の村 マナローラまで乗車します。


b0303688_14203736.jpg


お天気もよく 奇麗な海でした。

写真は、今ひとつ

雰囲気を見て下さいませ〜。



# by marinariko64 | 2017-11-04 15:12 | お出かけ・旅行 | Trackback | Comments(0)


ラ・ スペッツァ湾の半島 突端に位置する

『女神の港』と名付けられ バイロンが愛した地



『ポルトベネーレ』



サン・ロレンツオ教会と可愛い色の建物



ヨットハーバーがあり リゾートですね


b0303688_19002324.jpg




b0303688_17320511.jpg


b0303688_17293444.jpg




b0303688_17343700.jpg



旧市街の細い路地(カルッジョ)を(坂道)高台に進んで お城(城塞)へ



b0303688_19012073.jpg


b0303688_19084531.jpg




サンピエトロ教会と お城

夕暮れ 逆光でかなり暗いです


b0303688_19034911.jpg



b0303688_19050287.jpg




お城からリグーリア海の眺め


b0303688_17370693.jpg





海岸線右側 岩陰に 明日行く チンクエテッレの村が隠れる様にあるそうです


b0303688_17382873.jpg



あれが バイロンの洞窟かしら?


b0303688_17392831.jpg



b0303688_17405795.jpg



b0303688_17421385.jpg


b0303688_17425642.jpg




夕食は、ジェノヴァの ホテルで


b0303688_17435030.jpg


b0303688_17444108.jpg


b0303688_17455294.jpg


b0303688_17463995.jpg



b0303688_17483308.jpg


b0303688_19100837.jpg



広くて それぞれタイプが違い お部屋訪問しあいました





# by marinariko64 | 2017-10-28 19:13 | お出かけ・旅行 | Trackback | Comments(0)

* * * 2 日 目 * * *


今回の旅行のコース

すごい移動ですが、いろいろな町・村を訪ねることが出来るのですから

少々ハードでも贅沢は、言えません!

楽しみですね〜。



b0303688_15223567.jpg



ワインで有名な『バローロ』へ向かいます。

途中 車窓からは、丘の上には 必ず教会があり

中腹のあちこちに お家が建っています。


車窓より
b0303688_15194415.jpg


車窓より
b0303688_15205522.jpg





バローロは、ぶどう畑に囲まれた丘にある 中世の町

人口 約700人



イタリア最高峰のワインが作られています。

この小さな町にもお城が・・・


バローロ城


b0303688_15343785.jpg

中は、ワイン博物館になっているそうです

 


お城の前には、可愛い教会が


b0303688_16590703.jpg




さすがに エノテカがあちこちに


b0303688_17022629.jpg


b0303688_17031021.jpg


b0303688_17041739.jpg



白トリュフも有名らしいです

看板にトリュフと

b0303688_17424019.jpg



イタリアのおじさま達は、ひまで仲良しと云う事がわかりました

どこへ行っても テラス席でおしゃべり姿を見かけました。



b0303688_17050310.jpg



細い路地や坂が多い町でした。



b0303688_17575317.jpg




ワインオープナーのポスターも 外壁に貼られています


b0303688_17060485.jpg



見渡すと、まわりは、ぶどう畑


b0303688_17064912.jpg

b0303688_17073911.jpg




b0303688_17115511.jpg



レストランでは、赤ワイン2種 

白ワイン1種  テイスティングさせてくださいました

美味しかったです。

白は、甘くて デザートワイン


b0303688_17085548.jpg




b0303688_17093362.jpg




バローロワインの煮込みリゾット


b0303688_17103607.jpg





b0303688_17110979.jpg




午後からは、ポルトヴェネーレへ向かいます。



# by marinariko64 | 2017-10-27 18:03 | お出かけ・旅行 | Trackback | Comments(0)

二度目のイタリア   一人参加 限定の旅 です。



1日目は、移動で ヘルシンキで乗継ぎ 約9時間

時差は、−6時間ですね。




先ずは、飲み物とおつまみのサービス

ワインをいただく

b0303688_23100229.jpg



その後の 機内食は、カレーでした

b0303688_22141227.jpg
 

1時間後位? アイスクリーム


b0303688_22174083.jpg


そして 到着前に 再び食事


CAさんのエプロンやナフキン・カップなどマリメッコ


b0303688_22200270.jpg



お腹が空いてい無い状態でしたが・・・

一応 いただきました。


飛行機は、新しそうで機内は、白が冴えていました。

4年前とは違って、座席前の画面は タッチパネルで使い易くなっていました。

(乗り馴れている方は、珍しくもなんともないと思いますが・・・)



b0303688_22291522.jpg


b0303688_22282341.jpg


ヘルシンキでは、約2時間乗継ぎ時間があり 免税店をぶらぶら。

マリメッコやムーミンショップを見ましたが、日本より 少々お安い位でした。


ひとまわり?ふたまわり? 小さい飛行機で ミラノへ。(約3時間)

日本とイタリアの時差は、−7時間(まだサマータイムのため)




ミラノに近づくと 眼下に アルプスの山々が延々と


b0303688_22412742.jpg



b0303688_23042502.jpg



b0303688_23050911.jpg



ミラノ時間 18時05分  (日本時間 0時05分)到着


ずっと12時間 乗り続けるよりも、ヘルシンキ迄9時間なので

一度乗り継ぎがある方が、楽な気もしました。




b0303688_22473343.jpg


b0303688_22501358.jpg

お部屋を一人で使えるのは、楽ですね!




# by marinariko64 | 2017-10-26 23:25 | お出かけ・旅行 | Trackback | Comments(0)

楽しみを見つけて・・・


by marikomama